RENOVATION リノベーション

永く遺すために

リノベーションとは、今あるものを生まれ変わらせること。

住まい作りに当てはめれば、中古物件を改修して新たな住まいとして再生させることを意味します。時を経ることで住宅の設備や間取りは老いていきますが、リノベーションによって新たな価値を与えれば、魅力的な住まいとして生き返らせることが可能です。

これから日本では戸建住宅の高齢化が進んでいきます。しかしそれらを全て建て替えていくわけには到底いきません。古いものを大切に保全していくことが必要な時代です。

リノベーションは、今あるものを活かすことで理想の住まいを手に入れるという合理的な取り組みです。1地点で何十戸も大量供給される新築分譲とは違って、1戸単位で流通するため、立地条件や広さなども多種多様です。また早い時期に建築された物件は、立地条件や交通の便が良好なものが多いという特徴もあります。

リノベーションでは、これらの多種多様な物件のなかから、条件が良く、管理・修繕の行き届いた物件を選んで活用します。それなら自分で中古戸建住宅を選んで手を加えたらいい、と思う方もいらっしゃるでしょう。そういったことが好きな方にとっては、とてもおもしろいことだと思いますが、そうでもない方にとっては、なかなか大変なものです。

新築住宅には望めなかった、ここにしかない住空間の創造

住む人の意見や思いを最大限に表現し、トータルにプランニング。

これまで、日本では古くなったら新しいものと取り替える、古いものは廃棄し新しくつくる、という考え方が主流でした。それは、住まいにおいても同じだったのではないでしょうか。欧米では、ひとつの住まいに50年、100年と住み続けられるよう、時々のライフスタイルの状況に合わせて手を加え、保全をし、快適性を維持していくのが当たりまえ。私たちはこの考えこそ、これからの時代の“グローバルスタンダード”だと考えています。

今までにない戸建住宅のリノベーション

私達は、住む人の意見や思いを最大限に表現し、物件の仲介から管理組合・周辺住民との交渉、間取りや設備、カラーコーディネイト、ライティング、そしてインテリアにいたるまでを、トータルにプランニングいたします。

既存の天井や壁、床などをすべて取り払い、間取りや動線、設備や仕様などスケルトンの状態から自由な発想でデザインする。そして新築住宅以上の空間を手にするのです。新築住宅では望めなかった、ここにしかない住空間の創造。それが、「自由発想」&「デザイン」の「Re:comodo」です。

5つの要素を満たして、理想の家を創りあげる

ここに上げたのは、リノベーションの骨格となる5つの要素です。ライフスタイルやモノとの関係を見つめ直し、欲しいものは何なのか、必要なものは何なのかをプランし、収納やインテリアを考えていきましょう。

光、色、素材は、それらを完全にする最後の砦。好きなものを組み合わせて作られるのは、そこにしかないあたなだけの”カラー”なのです。

PLAN(プラン)

間取りをスタイルにフィットさせる

住みやすさを考える時、設備や機能はもちろんのこと、いかに自分のライフスタイルに合っているかが大切になってきます。ライフスタイルを見直すことが、理想の住まいを実現することなのです。無駄な動きが多過ぎたり、使い勝手が悪かったりすると、ストレスになってしまいます。そのために、ゾーニングと動線計画は最も重要な作業の一つです。ゾーニングとは、それぞれに必要な空間の大きさと相互の関係を把握し、位置を決めていく作業のこと。例えば家族や来客などが利用する空間をパブリックゾーン、個人的に利用する空間をプライベートゾーンとして、各空間の適切な配置を考えていきます。動線は人の行動やモノの移動に関する効率を決める要素となります。最短ルートで次の作業が可能な環境を考慮しながら、間取りを完成させていきます。

CLOSET(クローゼット)

収納は適所適量に

限られた空間の中で快適な暮らしを過ごすために非常に重要なのが収納です。しかし、単に仕舞うためのスペースを作るのではなく、何をどこにどのように仕舞うのか、きちんとした計画を立てることが大切です。住宅には当然居住スペースが必要ですので、多過ぎる収納は逆にデメリットになってしまいます。収納は大きめにどこかにまとめて作っておけばいいという訳ではなく、バランスが必要です。とにかくたくさんのモノを仕舞いたい、と大きなストックルームを設けただけでは、どこに何があるか分からなくなったり、取り出すのに時間と手間が掛かったりしてしまうでしょう。私達は、お客様の所持品リストを作り、収納までの距離も考慮しながら、効果的な収納計画を実現します。収納を適所へ配置することは、ストレスフリーな暮らしの第一歩です。

INTERIOR(インテリア)

インテリアから空間へ

ずっと買いたいと思っていた上質な家具をようやく購入したのに、サイズや雰囲気が合わない…という経験はありませんか?間取りから仕様まで、何もかもが決まっている新築マンションは、インテリアにこだわりたい人にはもしかすると不満が多いのではないでしょうか。自分に身近なものが心地良くないとしたら悲しい。リノベーションでは、計画次第で全ての問題が解決します。私達は、住まいをインテリアから考えるという発想でプランを行いますので、自分の好きなインテリアを取り入れることが可能です。またレイアウトを考える時にポイントとなるのがコンセントの位置。新築と違ってリノベーションではコンセントの位置も自由自在です。インテリアに合わせて空間を考えることで、無駄のない快適な住まいが実現します。

LIGHTNIG(ライティング)

シーンを作る光

真に贅沢な空間とは、豪華な内装や家具などではなく、心を豊かにしてくれる空間だと考えます。そして、空間において人の心を動かす重大要素が“光”です。私達は照明によってリラックスできる空間を提案します。そのための照明器具の配置及びセレクトを行います。中央部に蛍光灯を付けるだけでは、居心地の良いシーンは生み出せません。そこには、綿密に計算された照明計画が必要となります。また、スイッチとコンセントの位置にもこだわりたい。特に玄関やリビングなど、毎日必ずON・OFFをするスペースで、それが使いにくい場所に設置されていたら…。例えば掃除機をかけたい時、コンセントが適切な位置になかったら、ストレスになってしまうでしょう。そのようなことが起こらないように、設計時にきちんと検証する必要があるのです。

MATERIAL(マテリアル)

素材=美しさ+耐久性

現在の住宅標準仕様では、コストを抑えるために安い合板のフローリングが使用されることがほとんどです。しかしこの素材は年数が経つと色が剥げて、みすぼらしくなっていきます。その結果、アフターメンテナンスにお金がかかることになってしまいます。直接手に触れ感じる素材には、納得のいくものを選びたいもの。私達は、カタログを見たり、出来上がりの商品を見たりして判断するのではなく、実際に原料となる丸太や製造工程まで確認した上で最適な素材を提案します。耐久・耐傷試験や品質管理といった厳しい環境をクリアした商品に限定してセレクトします。また空間デザインとの調和も考えます。デザインとコストのバランスが取れた商品が、快適な毎日につながります。住まいの表情を作る床材やタイルなど、隅々にまでこだわりたいものです。